【爆笑必須】笑って気分スッキリ!おすすめコメディ映画7選<邦画編>



映画には当たり外れがあり、外れを引いた時のガッカリ感は想像以上です。

でも面白い映画を当てるのは、運次第になります。

そこでハズレ映画を引かないためにも、笑いあり涙ありの、

オススメ邦画コメディ映画7選を紹介します。

どの映画も面白いので、ぜひご覧下さい。


釣りバカ日誌 <1988年/松竹>


鈴木建設に勤める浜崎伝助ことハマちゃんは、何よりも釣りが大好きな釣りバカ男です。ある日、ハマちゃんは食堂で気落ちしていたスーさんを誘い、一緒に釣りを楽しむことになりました。スーさんの正体は、ハマちゃんが勤める鈴木建設の社長だったのです。お互いに正体を知らないまま、2人は釣りを楽しむのでした。

邦画のコメディ映画を語るのに、「釣りバカ日誌」を外す訳にはいきません。西田敏行演じるハマちゃんと、三國連太郎演じるスーさんのコンビは、邦画史上最高のコンビと言えるでしょう。映画は1988年の第1作から、途中空白期間はあるものの、2009年まで毎年公開されました。

原作は、やまさき十三作・北見けんいち作画の同名漫画です。「釣りバカ日誌」は映画だけでなく、アニメ化やTVドラマ化もされました。TVドラマで西田敏行は、スーさん役を勤めています。

銀魂 <2017年/ ワーナーブラザーズ>


かつて、天人(あまんと)が江戸を襲撃した際、勇猛に立ち向かった侍達がいました。彼等の中に「白夜叉」と呼ばれる男がおり、あまりの強さから伝説として語り継がれることになります。そして天人襲撃から数年後、白夜叉こと坂田銀時は、居候の天人である神楽と、見習い従業員の志村新八と、白い大きい犬定春と共に万事屋を営んいました。

本作は、週刊少年ジャンプで連載されていた同名漫画の実写映画です。興行収入は38億円になり、2017年邦画実写映画においてトップの成績を収めました。

翌年には、映画2作目となる「銀魂2 起きては破るためにそこにある」が公開されました。2で新たに登場したキャスト達は、前作キャスト以上に大暴れしています。

斉木楠雄の災難 <2017年/ソニー・ピクチャーズ>


生まれながらにして超能力を持つ斉木楠雄は自身の超能力を隠し、普通の男子高校生として暮らすことを強く希望しています。しかしクラスメイトは超個性派揃いで、次々と楠雄に災難が降り掛かってしまうことに…。そして災難は、地球滅亡の危機を招くまでに発展してしまい…。

本作は、週刊少年ジャンプで掲載されていた同名漫画の実写映画です。主役を演じた山崎賢人は2017年だけで4本の映画に出演し、4本の映画の中で1番ヒットしたのが本作でした。しかし主役を演じているとは言え、作中でのセリフはほとんどありません。モノローグのように無感情で、頭の中で独り言をつぶやく形です。

なお映画には、原作者である麻生周一がカメオ出演しています。どのシーンで原作者が登場するかは、見てのお楽しみです。

HK/変態仮面 <2013年/ ティ・ジョイ >


熱血刑事の父親と女王様の母親の間に生まれた、色丞狂介。狂介は、顔にパンティを被ることにより、ヒーローである変態仮面変身するのでした。変態仮面は強盗退治や自殺志願者を助けるなど、ヒーロー活動を展開するも、見た目はどうみて変態です。狂介は「変態じゃない」と、悩むのでした。

本作は、90年代に週刊少年ジャンプで連載されていた「究極!!変態仮面」を原作とした、実写映画です。「変態仮面」は公開前から大変な話題になり、興行収入は公開から2週間で1億円を突破しました。

なお主演の鈴木亮平は役を演じるため、体重を15kg増量し余分な脂肪を落とす肉体改造を行ったそうです。

スウィングガールズ <2004年/東宝>


東北の高校に通う鈴木知子は、吹奏楽のピンチヒッターという形でジャズバンドを結成することになりました。バンドメンバーを集めるも、楽器の経験はゼロに近い人ばかり…。練習も真面目にやろうともしません。しかし次第にジャズの魅力に取りつかれ、「スウィングガールズ」を結成することになりました。

本作の出演者の中には吹奏楽部出身者の姿もありましたが、ほとんどは楽器も触ったことがない素人ばかりでした。出演者達は映画の撮影と並行して楽器の猛特訓を受け、特訓の成果は映画にも出ています。

「スウィングガールズ」は日本アカデミー賞など、数々の国内映画賞を受賞。また日本ゴールドディスク大賞も獲得し、映画の内容だけでなく、音楽性の高さも評価されています。

デトロイト・メタル・シティ <2008年/東宝>


カリスマ的な人気を誇るデスメタルバンド、デトロイト・メタル・シティことDMC。メインボーカルを務めるヨハネクラウザーⅡ世ことクラウザーさんは、ファンから熱い支持を集めていた。正体は根岸崇一で、オシャレポップミュージックが大好きな青年です。彼は目指していた音楽とは違う所で注目され、悩んでしまうことに…。

本作は、「ヤングアニマル」で連載されていた同名漫画を原作とした、実写映画です。世界的なメタルバンドKISSのメンバー、ジーン・シモンズ本人が出演し、話題となりました。

興行収入は公開2日間だけで、3億円を突破しました。最終的には23.4億円の興行収入となり、2008年公開映画興行収入ランキング24位についています。

カメラを止めるな! <2017年/ アスミック・エース>


曰く付きの廃墟で、ゾンビ映画の撮影が行われていました。しかし監督が映画のためにと禁忌のサインを描いたことにより、スタッフや出演者は次々とゾンビ化してしまいます。生き残りのスタッフや出演者は何とか逃げ出そうとするも、ゾンビとなったスタッフに囲まれてしまいました。果たして無事に、廃墟から脱出することはできるのか…。

当初は予算300万円のインディーズ映画で、上映館数はわずか2館しかありませんでした。しかしSNSが引き金で話題となり、最終的な上映館数は340館以上となりました。規模はおよそ170倍に広がった形となります。興行収入は31億円を突破し、2018年映画興行収入ランキングで7位につけるほどの大ヒットとなったのです。

本作は2019年度の日本アカデミー賞で9部門を獲得。またアメリカ・メキシコ・スペイン・イタリアなどの国外映画賞も受賞しました。


選んだ7選はいかがでしたか??
忙しい毎日をお過ごしのあなた、 笑ってリフレッシュしてみるのも良いかもしれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました