【永久保存版】絶対見るべき!2016年おすすめヒット映画8選<邦画編>

2016年はリオオリンピックが開催され、日本代表は最多となる41のメダルを獲得しました。

一方で熊本に大震災が起き、影響は現在も続いています。
波乱の2016年に公開された映画の中でも、特におすすめの作品を8作品紹介します。

シン・ゴジラ 2016年7月29日公開 東宝


海上保安庁は、東京湾で漂流中と思われるプレジャーボートを発見しました。漂流船を調査するも、人気は見当たりません。しかし調査中に、原因不明の揺れに襲われます。そして、近くを走っているアクアトンネルが謎の浸水を起こしました。

日本だけでなく、世界中の人でも知名度が高いゴジラ映画です。これまでのゴジラ映画はファミリー色が強めの傾向にありましたが、本作は政治色が全面的に出ています。しかし決して難しい話という訳ではなく、新たなエンタメの形を示してくれた作品です。

本作は、興行収入82億円以上の大ヒットとなりました。評価もかなり高く、日本アカデミー賞を始めとする数多くの映画賞を総なめにしました。

後妻業の女 2016年8月27日公開 東宝


とある海岸で、中高年達のお見舞いパーティーが開催されています。パーティーに参加している人物の1人が、名城小夜子。頭の回転が早く臨機応変に対応できる口の上手さは、天才的です。彼女が狙っているのは、持病持ちの資産家高齢男性でした。

人間の醜さがにじみ出ている映画ですが、不思議と暗い雰囲気はありません。下手をしたら、人間不信に陥りそうになります。見どころは、小夜子役の大竹しのぶの演技力でしょう。小夜子は超がつくほどの悪女ですが、憎めない魅力があります。

本作は、黒川博行の小説「後妻業」の映画化です。後に映画そっくりの事件が実際に発生し、色んな意味で話題になりました。なお容疑者は、最終的には捕まり死刑判決の刑が下っています。

貞子 VS 伽椰子 2016年6月18日公開 ユニバーサル


“そのビデオ“を見ると2日後に死ぬという「呪いのビデオ」。一歩足を踏み入れると死が訪れる、「呪いの家」。それぞれには、元凶となるモノがついていました。呪いを取り除く方法として思いついたのは、呪いを激突させてお互いに消滅させることでした。

山村貞子と佐伯伽椰子は、日本を代表するホラーキャラクターです。いずれも強力な呪いの力を持っている彼女達は、どういう形で激突するのでしょうか。既にお笑いになってしまっている2人ですが、内容は正当なホラーです。

本作はエイプリルフール企画として、持ち上がりました。しかし監督を務めた白石晃士は制作に乗り気になり、本当に映画が作られることになったのです。まさしく、「嘘から出たまこと」です。

TOO YOUNG TO DIE 2016年6月25日公開 東宝


高校生である関大助は、修学旅行中にバス事故に遭遇します。目覚めると一面真っ赤に染まった世界に、罪人達が酷な罰を受けていました。大助がいる場所は、正真正銘の本物の地獄です。地獄から抜け出すには、

見どころは、地獄農業高校軽音楽のバンド地獄図(ヘルズ)でしょう。赤鬼先生ことキラー・Kのインパクトは、一度見ると忘れられません。またスピード感ある展開も、見過ごせません。宮藤官九郎が織りなす独特の地獄ワールドは、一度ハマるとクセになります。

そしてもう1つ注目したいのは、出演者のビジュアルです。本作では長瀬智也をはじめとする人気俳優や女優が多数出演していますが、メイクがすごすぎて却って誰が誰だかわかりません。

SCOOP! 2016年10月1日公開 東宝


明治神宮球場でスクープ記者・都城静が追っていたのは、人気野球選手のスキャンダルです。静はかつて伝説的なスクープをものにしてきた凄腕カメラマンでしたが、今は芸能スキャンダルを追うパパラッチになっていました。

見どころは、福山雅治のダメ男っぷりです。福山雅治の代表作と言えば真っ先に思いつくのが、「ガリレオシリーズ」の湯川学でしょう。湯川と真逆の役柄を演じる福山雅治は、新鮮味があります。

本作は、1985年日本テレビで放送されたスペシャルドラマ「盗写1/250秒」です。30年前近くのドラマをスタイリッシュに仕上げたのが、SCOOPです。

湯を沸かすほどの熱い愛 2016年10月29日公開  クロックワークス


幸野安澄は学校でイジメに遭い、母親である双葉は安澄を迎えに行きます。双葉は娘が学校でイジメに遭っていることを知っているものの、「学校に行こう」と語りかけました。双葉の夫で安澄の父親は蒸発し、母1人娘1人で生活していたのです。

人はいつか終わりを迎えます。終わりがいつ訪れるかは、誰も知りません。50年後かもしれないし、もしかしたら明日かもしれないからです。では残された時間があと僅かだったら、何をどうするのでしょうか?そんなことを考えさせられる映画です。

家族や残された時間の過ごし方の話は評判となり、日本アカデミー賞やキネマ旬報ベストテン入りも果たしました。

溺れるナイフ 2016年11月5日公開 ギャガ


望月夏芽は、東京でモデル活動をしていました。しかし父親の都合で、父親の故郷である浮雲町へ引っ越すことになりました。町で出会ったのは、金髪の不思議少年コウでした。コウは町1番の権力者の息子で、他の人にはないカリスマ性を兼ね備えていました。

10代になると、何もかも大きく変わります。夏芽のように田舎町に転校しなくても、心や体が変化します。変化を避けることは、出来ません。10代に訪れる変化を描いたのが、「溺れるナイフ」です。

本作は、ジョージ朝倉の同名漫画の実写映画です。2017年度、キネマ旬報ベストテンに選ばれました。

ボクの妻と結婚してください。2016年11月5日公開 東宝


バラエティ番組の放送作家である三村修治は、膵臓がんにかかってしまいます。医師からは、余命半年を告げられました。遺される家族を支えるために、三村は自ら妻の再婚相手を探すことにしました、

寿命のリミットが近づいた時、愛する人に何を遺したいでしょうか?人によっては、財産と答える人もいるかもしれません。「死」という重いテーマを取り扱っていますが、映画そのものは明るい雰囲気になっています。

本作は、樋口卓治の同名小説を映画化にしたものです。なお原作者も映画の主人公と同じ、放送作家です。映画の前には、内村光良主演で舞台やドラマ化もされました。

いかがでしたでしょうか??
2019年公開の話題になった邦画を中心に紹介させていただきました。
見逃した作品はございましたか?是非チェックしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました